サイズ選び

日本製と外国製でも違うベビー服のサイズ

出産祝いにベビー服を贈ろうと考える人は多いようですが、子供を産んだ経験がない人は、どのサイズを買えばよいのかわからないですよね。
日本のベビー服は身長をセンチメートルで表示されているのが普通で、0か月から2か月は50、3か月から5か月は60、6か月から11か月は70のサイズを選ぶのが定番となっています。
そのため、出産祝いですぐに着られるよう服を贈りたい時は50、半年ぐらいしてから着られる服を贈りたい時は70を選ぶと良いでしょう。
アメリカ製の輸入のベビー服は、センチメートルではなく月齢で表示されており、0から3か月は3m、3か月から6か月は6m、6か月から9か月は9mなどと書かれています。
日本製と比べてフィット感があり、丈の長めのものも多いので、選ぶ時には注意が必要です。
ヨーロッパ製のものも、日本のようにセンチメートルで表示されていますが、50、60、62など、サイズの区切り方が日本とは少し違ってきます。

ベビー服のサイズを選ぶ時の目安やポイントとは?

ベビー服を購入する時のサイズの選び方ってなかなか難しいものです。
大きすぎてもいけませんし、小さすぎてもいけません。
お子さんの体に合ったお洋服を着せてあげる事が大事です。
そこで、だいたいの基本的な大きさをお教えしましょう。
まず、新生児は50~60センチで、生後6ヵ月過ぎたら70センチにしてあげましょう。
そして、1歳過ぎた頃になってくると80センチのサイズを着せる方が増えてきます。
1歳過ぎてくるとサイズの変動があまりなくなってくるので、買い換えが大変ではなくなってきます。
80センチになってくると一時の間はこの大きさで大丈夫です。
そこで、出産を控えていらっしゃる方に参考にしていただきたいのが、ベビー服の買いだめです。
産まれる前にたくさん購入される方が中にはいるでしょう。
しかし、出産祝いなどで洋服をプレゼントで貰う事が多いのでたくさん買わなくても心配ないでしょう。
足りなくなったら後で買い足せば問題ありません。
このように、お洋服を購入するときは年齢に合った大きさを選びましょう。

 

Favorite

Last update:2015/9/28

Copyright(C) 2015 twinkle baby. All rights reserved.